ケアマネージャーになるには

「脂性肌」と「乾燥肌」

顔がテカテカしていてオイリーな感じがするから脂性肌。
洗顔後はつっぱるしなんだか潤いが足りてない気がするから乾燥肌。

 

というのは正しいようで間違っている場合が少なくありません。
ケアマネージャーなら、正しく見分けられるようにしておきたいものです。

 

確かに皮脂が多く分泌されている肌は脂性肌ではありますが、
その原因が乾燥肌であるケースがほとんどなのです。

 

乾燥肌は肌に水分が足りていない状態ですが、
水分が足りていないと少ない水分を逃さないために、
体は皮脂を分泌してその水分を守ろうとするのです。

 

ついつい脂っぽい肌だから、洗浄力の強い洗顔できれいさっぱり洗い流していませんか?

 

とても気持ちはよくなりますが、肌に必要な皮脂も水分も
同時に洗い流してしまっていることを忘れないでください。

 

さっぱりしたからと、保湿もせずにいると乾燥は進み、乾燥肌を進行させてしまいます。

 

そして、少ない水分を守らなければ、と皮脂が分泌され、
さらに洗顔で必要な皮脂までも流してしまっているために、
皮脂が足りない!と体が反応し皮脂を過剰に分泌させてしまう、
魔のスパイラルに陥ってしまうのです。

 

脂性肌は油分が多い肌ですので皮脂が過剰に分泌されている肌。
乾燥肌は水分量が不足している状態の肌。

 

多くの場合、この2つはほぼ同時に起こっているので、
どちらかが気になれば、ケアマネージャーなら両方を意識することが大切なのです。